発毛剤ってなんなの?

 

インターネットなどで検索をしていると色々な種類のヘアケア用品が販売されています。
育毛剤、育毛シャンプー、そして発毛剤や養毛剤などが目に留まることが多いでしょう。
さらに医薬品、医薬部外品、化粧品などといった区分もありますので、種類が多すぎて困ってしまいますね。

 

ここでは育毛剤と発毛剤の違いについてしっかりと解説をしていきます。
頭皮をよく見てみると産毛が生えていますよね。
もしも生えているのであれば使用すべきなのは育毛剤です。

 

育毛剤というのは既に生えている髪の毛に働きかけて髪の毛をより大きく成長させるのです。
医薬部外品、化粧品などとして販売されています。
医薬部外品というのは薬用、ということで薬ではありませんが一定の作用を及ぼすとされている製品なんですよ。

 

ただし、これは薬事法の分類上化粧品扱いをされているだけで、性質的に劣るというわけではないのです。
では、自分の頭皮をみて、髪の毛が一切生えていなような状態の場合には、発毛剤を使用するようにしましょう。

 

私たちの髪の毛というのはヘアサイクルというものがあり成長期や退行期、休止期を数年単位によって繰り返されているんですよ。
無毛の方は、頭皮がずっと休止期にあると考えられるのですが、発毛剤によって休止期の髪の毛を起こしてあげなければならないのです。